「裁判」タグアーカイブ

うーん

手話を「言語活動」と認定 聴覚障害者事故で初判断 – MSN産経ニュース

被告の男性の乗用車にはねられ手や肩などを骨折。女性側は、事故の影響で手話による言語能力の大部分に支障が出たと主張。判決は、後遺症で能力の一部が失われたと認定した。

至極まっとうな認定だと思うんだけど、手話がコミュニケーションの手段でなかったらいったい何なんだ。
意思の伝達手段に区別はあれ、差別はダメだろ。

公務員暴行陵虐罪

asahi.com(朝日新聞社):「警察官の証言信用できない」公務執行妨害、一転無罪に – 社会

判決は、巡査長が現行犯逮捕する際に男性を転倒させた場面について、「被告が体当たりをしてきた」とする巡査長の供述と、「両手首をつかまれ、できなかった」とする被告の証言を検討。一緒にいた同僚巡査の証言が被告と一致するのに対し、巡査長の証言は「男性を負傷させた行為の適法性にかかわる事情で、記憶に反する供述をした疑いが濃い」として、信用性が低いと判断した。

これ、確定すれば逆に警察官は罪に問われなければいけないよね。
個人的には交通機動隊とか、脳みそ筋肉系のやつは好きではないから、あまりお近づきになりたくない。

ん?

時効直前に強姦で逮捕の男に実刑判決 東京地裁 – MSN産経ニュース

「7年間も女性が心の傷に苦しむ傍ら、罪の重さを顧みることなく漫然と生活していた。反省の態度は少しも感じられない」

感じられない割に求刑から2年減刑するのもよくわからない。いつも不思議に思うんだけどこういう事件の場合求刑から何割か差し引いて判決を出すとか決まっているんだろうか?

このシリーズがわりと好き

【法廷から】はき違えた友情に裁判官が一喝 (1/2ページ) – MSN産経ニュース

「友達じゃなくて、単なる犯罪集団だ」

こういう報道ができるのはマスコミの利点だと思うんだけど。実際の裁判を見る機会なんてそうそうあるもんでもないし。
この事件に関して言うと、成年とは言え親の監督不行届に近い気もする。よい師に巡り会って人生が変わるといいんだけど、いったん落ちると這い上がるのが難しいのが今の世の中だからなあ。

様々な勘違い

何かと時間の取れない年末が近づいてきて泣きそうになっております。

「同じ女子高生に3回の痴漢行為 中学教諭を懲戒免職」事件です‐事件ニュース:イザ!

電車内で女子高生の体を触ったとして、神奈川県迷惑行為防止条例違反の現行犯で逮捕された川崎市立南加瀬中学の教諭、木村崇被告(31)=同罪で起訴=を21日付で懲戒免職処分にしたと発表した。市教委の調査に「自分の好みだったのでやってしまった。被害者には申し訳なかった」

好みだったら痴漢していいという理屈がわからん。

女子中学生にわいせつ行為した男逮捕 和歌山東署 – MSN産経ニュース

自分の顔に生徒をまたがらせるなどのわいせつな行為をした疑い。

なんか凄いフェチ臭を感じさせるなあ。47歳無職のこれまでとこれからが気になる。

「羽賀研二さん、無罪判決に嗚咽 逮捕から1年5カ月「信じていた」」事件です‐裁判ニュース:イザ!

 「被告両名はいずれも無罪」

逮捕時から散々こき下ろしてたような気がするこの羽賀研二の事件ですが、裁判で判決が出たとたんころっと手のひら返しの報道になんだか気持ち悪さを感じる。
とりあえず検察も調子に乗って立件したはいいけど、こんなあっさり無罪が降りるようじゃ上告も難しいんじゃないかな。

なるほどくん

「万引男性死なせたコンビニ経営者に猶予判決 さいたま地裁」事件です‐事件ニュース:イザ!

埼玉県川越市で昨年9月、菓子パン1個を万引した男性をけって死なせたとして、傷害致死罪に問われた同市南台の元コンビニ店経営、新井忠義被告(38)の判決公判が22日、さいたま地裁で開かれた。伝田喜久裁判長は「万引を発端とした偶発的な犯行。自首が成立している」として、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)を言い渡した。

なんというか、やりきれないなあ。本当に事故みたいなもんだったんだろうなあ。気持ちもわかるんでがんばってくださいとしか。
でもこういうの、陪審員として裁く側だと本当に難しい案件だよね。来年から大丈夫なんだろうか。

なんじゃそりゃ

「医師・ジャーナリスト富家孝さん、「医療ミスで半身麻痺」と慈恵医大を提訴」事件です‐裁判ニュース:イザ!

大学生の長男(23)の脳梗塞(こうそく)が悪化し、半身まひなどの後遺症が出たのは、東京慈恵医大病院(東京都港区)が適切な処置を取らなかったためだとして、医師でジャーナリストの富家(ふけ)孝さん(60)や長男らが22日、同病院を運営する「慈恵大学」に計約1億3500万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。

これはわざと医療崩壊を促そうとする何かの陰謀にしか見えない。医者の癖に医者を訴えるとかもうわけわからん。こういうのは専門のblogで色々興味深い話が聞けそうなのでメモしておく。

おやまあ

asahi.com:強姦致傷容疑の男性被告に無罪判決 名古屋地裁岡崎支部 – 社会

岩井隆義裁判長は「女性の証言は信用できない」などとして男性に無罪(求刑懲役5年)を言い渡した

最近になってようやく疑わしきは被告人の利益にという感じの判決がごくごくたまに出るようになったような気もするけども、全部の判例見たわけでないので迂闊なことはいわんでおこう。なんにせよ、真実はどこにあるのかは気になる。