「雑記」カテゴリーアーカイブ

ScribeFire

なんとなくFireFox+ScribeFireでblogをつけてみる試験。
この2週間ほど溜め込んだ録画アニメをだらーっと見ながら、スコッチのシングルモルトをロックで4杯ぐらいやってへろへろなまま、日記を書きなぐるだ。
途中中断とか色々やりながら、webで書き散らかしてもう10年以上になるんだなあ。某mof担とのメッセしてて言われたんだけど、自己顕示欲とかそんなんを超越して、ある意味俺の人格の8割ぐらいが本名ではなく、この「さまい」ってハンドルのほうで生きてる感じがするんだよな。あの初期のwebというか個人ページが乱立して相互リンクで成り立ってるような、オープンなんだかクローズなんだかわからない混沌とした世界を思うにつけ、まさにweb2.0みたいなもんは今あるのかもしれんが、根っこは大してかわってない。結局のところ文字面で判断するしかない世界だから、知識量がものをいう。情報をまとめる力も大事だよな。俺の場合は食い散らかして投げっぱなしになっちまってるんでどうしようもないんだけど。昔はここまで投げっぱなしでもなかったような。どうだったかな。
まあ、青臭い自分の過去ログはこっそりHDDの影にまだあったような気もするが、今更読み返すのもいやなので(webのどこかに残骸が転がってるかもしれんけど)触れないでいて欲しい。

さて、とりあえずアニメに戻ると、ひとひらがなんとなく面白い。ほんとになんとなくだけど。どこがいいの、とか言われると困るぐらいまだ漠然としてる。ただ毎回見てても困らないぐらいには面白い。青臭くてさ。学園物をこういう風に見るってのは、おっさんになった証拠なのかもしれんけど、なおさら若い人には楽しんでもらいたいってのもあるのよ。俺ができなかったことをやってほしいとか。

町も村もどんどん暗い部分がなくなって、いらんおせっかいがどんどん広まっていくにしたがって、わしらは冒険とか探検とか、自分を試すって方法がどんどんなくなっていって、なんというかほんとマニュアルがないと動けない、レシピがないと作れない、そういうのが多くて困る。まあ、俺に実害がないからどうでもいいんだけど。

今はほんとインターネット完備で、マニュアルとか体験談とかがんがん手に入るんで、最初の第一歩の楽しみがない反面、途中までの道のりは平坦で早い。苦労は買ってでもしろとはいうものの、しなくていい苦労はしないほうがいいに決まってる。人間楽なほうがいいもんな。でも、だからこそ人間関係の苦労だとか、自己表現の苦労ってのはマニュアルがほとんど存在しない、あってもうさんくさいのしかないから、敬遠する方向にあるんだろうなあ。

そんな中で、苦労してるあの高校生たちは可愛くてほほえましいのお、というのが見ている理由なのかな。青臭いのが返って今はいいんだよ、多分。

青臭さといえば、この間DVDが届いた時をかける少女。これもしぇーしゅんですよね。切り口がうまいというか。やーらかい光の加減とか、どきどきするような心の移ろいとか、丁寧で凄く好き。買ってから3回は見たから元はとったな。

酔っ払っているので思考があちこちとんでるけど、まあいいや。結局のところあれだ、青春してるのがうらやましいんですよ。モラトリアムなのは。

反逆者の月


詳細を見る

近所の本屋で見かけてつい購入。朝の通勤の電車の中で読み始めて、帰り、マクドによってそのまま最後まで読みきってしまった。すげえおもしれえ。

今風ペリーローダンというか。全体的にちりばめられてるテクノロジーのガジェットもそそるもんがあるし、わかりやすい人物関係も、主人公の成長っぷりもいい。スペオペっぽい大風呂敷も広げて、続刊の翻訳はまだかあ、という勢いの作品。単純で読みやすくて大変よろしい。

作者は、こういう作品としてはもうおなじみのデイヴィッド・ウェーバーです。紅の勇者オナー・ハリントンシリーズで有名のはず。ホーンブロワーシリーズ好きなら知ってるよね?

最近

疲れが全然抜けなくなってきた。やべえ。

ネトゲとか全然やる元気ねえもんなあ。何であんなに毎日必死にやってたんだ、俺。

blogも書くというより、とりあえずインスコするだけでほぼ満足しそうなぐらい、やる気がねえ。

まあ、あれだR1が納品されるまで雌伏のときだと思っておこう。

ってかただの日記じゃん、これじゃ。とりあえず今日の国際面でお茶を濁す。

バスク停戦破棄、ETAが宣言(Yomiuri Online)

スペイン北部バスク地方の分離・独立を目指す非合法過激派組織「バスク祖国と自由」(ETA)は5日、2006年3月以来続けている恒久停戦を6日から破棄すると発表した。

ということらしい。何年か前に史上最悪のテロのひとつ、スペイン列車爆破事件が起こって、その後一時おとなしくなってたんだが、ついぞ空港爆破テロとかやってたな。ETAは過激派とかいうレベルじゃないぐらいテロしまくるところだから、これからの動きが怖い。

なんというか、日本にいると忘れてしまうんだけど、イラクでもイランでも、ソマリアでもダルフールでも、チベットでもタイでも、そこかしこで実は紛争が起きまくってて、お気楽といえる世界情勢ではないんだよな。もう少し余裕を持ってこういうのを調べて行きたいんだけどな。

新作アニメじゃなくて

実は今一番面白がって見てるのがLegendz~レジェンズ~甦る竜王伝説だったりする。 子供向けなんだけどね。絵も好き嫌い分かれそうな絵だし、完全に本放映時はノーマークでした。

改めて見ると主人公の描き方とかすげえいいなあ。各キャラが順番に成長していって、物語の謎に迫って、落ち着いて見ていられる。ちょっとシリアスで暗い部分が来ると、主人公ががっと引き戻す、その間もうまい。

最近見ているアニメのこと

もうン十年アニヲタやってるわけだが、相変わらず見てますよ。

新作で見ているのは、グレンラガン、ぼくらの、エマ第二幕、ひとひら、らき☆すた、おおきく振りかぶって、大江戸ロケット、電脳コイル、ハヤテのごとく、瀬戸の花嫁、ぐらいかの。並べてみるとすげえ沢山見ている気がするが気のせいだろう。あと鬼太郎は猫娘が妙に可愛いのでたまに見る。

それほど必死になってみているわけでもないんだけど(と必死に言い訳)、1クールの半分ぐらいが終わったところで、雑感など。

天元突破グレンラガン

カミナが死んだ時点で、お話が全然わからなくなって、逆に先が楽しみであるなあ。作画がどうのこうの言うほど偉くもないし、違いも大してわからんのだが、4話の作画であれほどの騒ぎになるとはある意味凄い。ガイナックスの歴史に残るだろう。mixiまわりの一件もあまりにもお粗末。作品とは関係ないところで騒いでもしょうがないのにね。

ぼくらの

原作が終わってないので、どこかで独自路線に突っ走っていくんだろうか。今でも若干の違いは生じているけど。

鬼頭莫宏原作なんで、なるたる。の惨状が思い浮かばされて二重の意味で鬱な作品。

英國戀物語エマ 第二幕

エマさん、好きじゃ~。

ひとひら

意外に普通の作品だった。別に見ても見なくても構わないような、でもすげー普通に学園物してるんで、それはそれで貴重な作品。

らき☆すた

だからどうしたというのか、というか何で俺こんなの見てるんだろう。OPだけで全てが決まる。ラッキーチャンネルは見てて不愉快だし。これのDVDの値段を見てさらに不愉快に。本編もほのぼのしてるが正直どうでもいい。やっぱり何で見てるかわからないが、それなりに中毒性のある作品。

おおきく振りかぶって

原作まんま。声の好みはあるかもしれんが、ここまで忠実にやってくれると原作からの人も満足してるんじゃないだろうか。MBSで放送している分は4:3にカットしてあるので、TBS-iで鑑賞中。

大江戸ロケット

劇団新感線の舞台を華麗にアニメ化。スタッフも豪華だしOPもパフィー+ピエール瀧という豪華さ。ゲスト絵はすげえしOPはTOMMY芦田だし、これを見ずして何を見るというのか。石田一成が逮捕されたのも今は昔。

電脳コイル

NHKが作るアニメはやっぱり大外れはないんだよなあ。これも丁寧でいい。

6月16日(土) 午後3:00~5:00 教育テレビ にて「電脳コイル」の1~5話を一挙に放送する予定です。見逃してしまった方は、ぜひこの機会にご覧下さい。

だそうなので、見逃した人は今が追いつくチャンス。

ハヤテのごとく!

これもどうでもいい感じで眺めているんだけど。釘宮だしなあ。見なくなってもそれはそれでいいか、みたいな作品のひとつ。

瀬戸の花嫁

これもどうでもいいけど、モモーイなのでちょっと見てる。

ずらっと眺めてみるに、今期のGONZOはよいGONZOと言ってみてもいいのかもしれん。
元気があれば、他に見ている旧作も書いてみよう。

wordpress

wordpressを今回は使用してみた。

カスタマイズが柔軟なのはいいんだけど、いじるほどの元気があまりないので標準テンプレ使用中。

プラグインもまだ全然いじってない。ドメインのTOPはどういう構成にするべなあ。