反逆者の月


詳細を見る

近所の本屋で見かけてつい購入。朝の通勤の電車の中で読み始めて、帰り、マクドによってそのまま最後まで読みきってしまった。すげえおもしれえ。

今風ペリーローダンというか。全体的にちりばめられてるテクノロジーのガジェットもそそるもんがあるし、わかりやすい人物関係も、主人公の成長っぷりもいい。スペオペっぽい大風呂敷も広げて、続刊の翻訳はまだかあ、という勢いの作品。単純で読みやすくて大変よろしい。

作者は、こういう作品としてはもうおなじみのデイヴィッド・ウェーバーです。紅の勇者オナー・ハリントンシリーズで有名のはず。ホーンブロワーシリーズ好きなら知ってるよね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください