ナノテク

昆虫を偵察サイボーグ化:成虫まで生かすことに成功 | WIRED VISION

DARPAによると、最終的にはこのMEMSを使って、「筋肉に直接与える電気的な刺激、ニューロンに対する電気的な刺激、コウモリを真似た超音波パルスの発射、(または)フェロモンの放出」を通じて昆虫を遠隔操作したいと考えているという。

究極の目標は、「マイクやガスセンサーなどのデータ感知装置を1〜2個搭載し、情報を送り返す」サイボーグを完成させることだ。

もうなんというかSFがそのまま服を着てやってきましたみたいな感じがする。こういうのが実現化される世界てのはどうなんだろう。昆虫でできるってことは人間でも色々できちゃうんじゃね?とか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください